初めての撮影レポート:タムロン10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)

タムロン10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)を購入しました。
少しだけ撮影をしてきたので、簡単なレポートをしてみます。

つい最近までNikonの35mm単焦点ばかり使って撮影していたので、そのレンズとの比較が多くなります。
また、まだカメラについてはあまり難しいことはわかっていないので、ぼんやりとした感想がメインです。

↑ちなみに購入したのは楽天のJoshin web

価格comの最低値近くでフィルターがついてくる上、楽天だからタイミング次第でポイントが大量につくので結構お得だと思う。
35㎜単焦点を購入した時も、色々比較してここで買いました。

写真

RAWで撮影して現像(ViewNx-i使用)の際に少しだけ露出補正やコントラストなどを触っていますが、大きく変えてはいません
※写真のサイズは小さくしています
今回は写真の情報(Exif情報)を残しているので、詳しい設定などはそちらで見れます。

使用したカメラはD3100です。

屋外


遠くから可愛らしい紅色が見えたので、咲いているのかな?と思って近寄ってみたところ、あと少しで咲きそうなつぼみでした。
真ん中の数輪だけが花開いています。

最初に見たときに真ん中あたりの少しだけ咲いている花に目をひかれたのですが、写真に撮ってしまったらあんまり目立たないですね。

青空がきれいです。こんなにきれいな色で撮影できるとは思っていませんでした。


こちらはソメイヨシノのつぼみ。あともうちょっとで花開きそうな一輪。

被写体に寄ってみたら背景をボケさせることはできるかな?と思って撮ってみました。
割と想像していた通りのボケ方をしてくれました。
全体的に「思った通りの写真が素直に撮れるなあ」という印象です。

でもお花の部分と背景が同系色になっていて見にくくなったので、もうちょっとずれて撮影するべきでしたね…。
後から見ると気づくのに、撮っているときにはなかなか気づけません。

屋内

撮影場所は哲学の道近くのカフェ、GOSPELです。
ヴォーリズ建築事務所が手掛けた洋館と、曜日限定で提供されるロールケーキ(今もあるのかな?)で有名なお店です。
一応お店の方には撮影していいかお聞きしてから、撮影させていただきました。


広角レンズのすごさを知った1枚。
窓際の席に座ったまま、室内が全部撮影できました

実際よりも少し明るい印象になったかなと思います(もうちょっと落ち着いたイメージのお店です)。
でもこの色も素敵ですよね。大好きな色合い。
※この1枚は現像の際に何もいじっていません。

このレンズの前の型は、作例を見ていると私でもわかるくらい外側の解像度が良くなかったのですが、今回の写真なら全く気になりません


窓際での1枚。コントラストの強い場所なので、ちょっと辛い。
でも室内も室外もそれなりに様子がわかるかな。

絞り優先で撮っただけなので、もっと設定と現像をちゃんとすれば、窓の外も部屋の中もきれいに撮れるのかなーと思います。


お料理写真。ちょっとだけおいしそうな色になるようにいじりましたが、極端にはいじっていません。

35mm単焦点と比較してはいけませんが、かなり撮りやすい。
この写真は17mmで撮っていますので、ズームにも余裕がまだまだあります

胡椒がかかっている部分にピントを合わせていたはずなんですが、ちょっとずれてるような…?


建物を撮影。
10mmで撮りましたが、普通に立ったままでは建物が入りきらなかった…。
座ればよかったのかな(と帰ってから気づく)。

室内の写真と違って、建物だと中央に寄っていっているのがよくわかります。
個人的にはこういう歪みはあんまり好きじゃないので、うまく扱えるようになりたいな。

写真以外について

大きさと重さ

※私は普通の人より体力がないので、かなり貧弱な体力基準で書きます

35mm単焦点と比較して一番心配だったのがこれ。
何しろ、「一眼持ち運ぶの重すぎて嫌になった」という過去があったので、今回のレンズは大きそうだし重そうだし大丈夫かなあという不安がありました。

実際に購入してみて徒歩移動しながら撮影してみたところ、大きさは本当に大きいんですが、重さは意外と問題ないな、という感想でした。
重いと言えば重いけど…これくらいなら持ち運べるかな、という感じ。

徒歩移動が長距離になると重いからきついし、こまめにカメラを出し入れしないといけなかったら大きいからきつい。
ゆっくりと移動して、のんびりと写真を撮るなら問題なし
…というイメージでしょうか。

私はゆっくりと風景を楽しみながら撮るというスタイルで使うために購入したので、良い相棒になってくれそうです。

手ブレ補正

これは正直よくわかりませんでした。
性能がどうのという話ではなくて、単純に私がよく知らないからです。

ただ、今回室内でかなりの枚数を撮りましたがほとんど手振れした写真がなかったので、それは手振れ補正の功績かもしれません。
でも1枚だけ適当に撮ったらブレてたので、手振れ補正は保険だと思って、基本はちゃんと撮影しないとだめだなあ…と思いました。



こちらの記事の方がいろいろと写真を載せているので、作例を見たい方にはお勧め。
関連記事:京都花めぐり【ツツジ】 妙満寺(洛北)

このレンズを使った撮影記事は以下のラベルからどうぞ。
ラベル:TAMRON 10-24mm (B023)

ちなみに私が広角域のレンズを購入した目的は下の記事で書いています。
・広角レンズがほしいので候補を考えてみる(ニコン、APS-C機)

また、今回購入したレンズは↑の記事で購入候補に挙がっていないですが、単純に発売するという情報を知らなかったのです…。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿