シンパティア(京都・北山):日常にあってほしいイタリアン

いつもより少し遠出して北山まで足を延ばしてみたら、地元にあったら嬉しいなあというレストランを見つけました。

シンパティア(HP
京都府京都市北区上賀茂桜井町77 ノースウェーブ北山
11:30~14:00、18:00~21:30
定休日:水


地元にあると嬉しいお店

北山通りは京都の中でもおしゃれなお店が多くて、有名なお店も並んでいます。
そんな北山通りから少し入ったところにあるシンパティア。
食べログの口コミを見ると、地元の人に愛されているというのがよくわかるお店です。

今回ランチにお邪魔してみて、その理由を少し垣間見ることができました。

バリエーションが豊富

ランチはピザのみとのことですが、そのピザのバリエーションが豊富です。
10種類以上ありました。値段帯は大体1000円~1500円くらい。

そして珍しいことに、チーズがかかっていないピザがいくつもあるんです。
実は私は乳製品をたくさん食べると体調を崩してしまうので、こういうピザがあるのは個人的に大変嬉しい。

チーズの味が苦手だけどピザが食べたい、とか、今日はこってりしたものは避けたいけどトマトソースは食べたいな…というようなときに選択肢にあげることのできるお店です。


とても食べやすい(胃にもたれない)

イタリアンって割とこってりとした料理が多く、ピザ1枚を丸ごと食べるとなると躊躇してしまいます。
でも、こちらのピザはトマトソースの酸味がよく効いていて、するすると食べられました

油分が少なめなのか食後に胃がもたれることなかったので、日常的に夜に食べても問題なさそうです。

一人だとハーフ&ハーフができる

一人の場合、ハーフ&ハーフでの注文ができます
一人の時でもふらっと立ち寄れる、嬉しいサービスですね。

グループにはピザが1枚ずつ提供されて取り皿も用意されていたので、基本的にはシェアして食べる想定のようです。


たっぷりのサラダがつくのでバランスがいい

ランチの場合、サラダとドリンクがセットになっています。
ピザよりも先に提供されたサラダは、レタスと水菜のサラダでした。


サラダはいつもは彩りが気になるんですが(過去記事を見てもらうといつもトマトとかパプリカとか言ってます…)、こちらのサラダは量があるためそれほど気になりません。

そしてドレッシングがおいしい
甘みが強くて酸味が弱い、とろりとしたドレッシングです。

ピザの前にしっかりと葉物のサラダが食べられるので、満足度が高いです。
そして(先ほど書いたように)ピザ自体もオイリーではないので、全体的にヘルシーなランチという印象でした。



このお店妙に見つけにくいので、地図をしっかり拡大して探してください(お店の入り口は南側です)。
私は一度通り過ぎてしまいました。


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿