10年日記を5年日記に買い替えた話~連用日記は記入欄が小さければいいものではない

私は連用日記が好きでずっと使っています。
連用日記というのは、1ページに数年分の記入欄が設定されていて、「前の年のことを見ながら記入できる」のが特徴の日記です。

数年前に10年日記を購入して使っていたのですが、どうしても気になることがあり、10年日記使用中にも関わらず、このたび5年日記に買い換えました。

気になったのは「記入欄のサイズ」です。
よく連用日記のおすすめ文句で「記入欄が小さいから負担にならない」と書いてあるものがありますが、「小さければ小さいほどいいわけではないんだ」ということに気づいたんです。

10年連用日記を購入した理由

連用日記の楽しみは、なんといっても「前の年のことが見える」こと。
去年の楽しかったこと、考えたこと、購入したもの振り返りなど、楽しみ方は多岐に渡ります。

ずっと3年か5年日記を使用してたのですが、数年前に思い切って10年日記を買いました。
長期間使える日記のほうが、「前の年を見る楽しみ」が長いので楽しめるかな、と思ったのです。

使い始めて気づいた「使いにくさ」

10年日記をずっと使っていると、次第に一つの不満が出てきました。
それは「記入欄が小さすぎる」こと。

10年日記の記入欄の大きさは各メーカーによって異なりますが、基本的にはA5の紙を10分割したサイズになります。


私は季節の備忘録や購入した物の記録としても連用日記を使用しているのですが、10年日記の記入欄ではこれらが入りきりません。
イラストを入れておくと検索性が上がるので、できるだけ小さなイラストを入れるようにしているのですが、それも描けないことが多くなってしまいました。

寝る前に日記を書くたびに「記入欄が狭いなあ」と微妙なストレスを感じることが増えてきました。
私は日記を書くことで1日を振り返り心を落ち着けるという効果を感じていたのですが、何度も微妙な使いづらさを感じるたびに「日記を書く楽しみ」が減ってきていることに気づきました。

思い切って5年日記を買い直し

連用日記って結構高いんですよね。
しかも10年の日付が入っているので、何かに転用もしづらい。
まだ使えるしな…と思ってずっと買い直しをしなかったのですが、「このまま日記嫌いになるほうがもったいないのでは」ということに気づいて、思い切って買いなおしました。

新しく購入したのは5年日記。
いろんなメーカーの日記帳を比較して、PAGEMメモリー5年連用(日記)A5ローラ アシュレイ(ジョゼッテ)にしました。



関連記事:連用日記のメモ欄の楽しみ方とペイジェム5年連用日記(日本能率協会)の紹介

まだ使い始めて1週間くらいですが、「もっと早くに買いなおしておけばよかった!」と思うくらい、のびのびと日記を書くことができています。
「日記を書く楽しみ」も思い出しました。というか「日記ってこんなに書くのが楽しかったんだ!」ということに改めて気づきました。

まとめ

連用日記は楽しいけれど、続けるためには自分に合ったものを探すのが大事です。
連用日記は一般的に3年、5年、10年が展開されているので、「どれがいいかな?」と考えるときに、記入欄の大きさも検討してみるのがおすすめ。

実体験として、記入欄の大きさ一つ変わるだけで、こんなにも「日記が楽しい!」と思えるようになるというのは、かなり衝撃でした。

ちなみに私は5年日記がぴったりでしたが、万人が当てはまるとは思っていません。
同じく連用日記を使用している友人は、ライフログを手帳に書いているので10年日記がぴったりとのこと。
また、私は学生時代はもっとイラストをいっぱい書いていたので、3年日記を使用していました。

選ぶときには、「自分がどういうことを記録したいか?」というのを考えてみるのが大事なんだと思います。

関連記事

続けたくなる連用日記を見つけるためのリスト(定番系、かわいい系、こだわり系)
連用日記にもいろいろな種類があります。
お気に入りの日記帳を見つけるのも続けるコツの一つ。
自分が購入するときにまとめた連用日記一覧です。

連用日記を「書けなかった日」の空白の使い方~続けられるか不安な方に送るTips集
連用日記に興味があるけど続くかな?と心配な方向けの記事。
私もよく空白の日ができますが、いろいろと活用しています。

連用日記のメモ欄の楽しみ方とペイジェム5年連用日記(日本能率協会)の紹介
実際に今私が使っている連用日記と、メモ欄の使い方の説明。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿