X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(プラハ編)

つい先日購入したX-T20とキットレンズ(18-55mm)を持って、中欧旅行へ行ってきました。

旅行記は別に書きますが、「X-T20でどんな写真が撮れるのかなー」と気になる方向けに、いい感じに撮れた写真を縮小とウォーターマーク以外加工なしで紹介します。

一番お気に入りの写真が多く撮れたプラハ編。

写真の基本情報

カメラの設定
絞り優先、SS自動、ISO自動(3200まで)
すべて手持ちで撮影

アップロード方法
JPEG、加工は縮小(縮小専用)とウォーターマーク挿入のみ

撮影者
手振れとピンぼけ写真量産に悩む初心者
絞り優先が好きだが、適切な絞りの選択はまだ修業中

その他
プラハの観光は1日だけでしたが、そのうち半日は天候に恵まれなかったので室内の写真が多めです

X-T20とキットレンズ(プラハ編)


有名なミュシャが作成したステンドグラス。
手持ちで撮影していますが、ほぼ手ブレなしで撮れました。
縮小前のものは拡大での鑑賞にも耐えます

外は曇りで光が強いとは言えませんでしたが、色の出方もきれいです。



黄金の小道で見つけた素敵なお店。ピントが…ずれてるね…。
ピントは残念ですが(もっと絞ってもよかったかも)、後ろの黄色の鳥やお花の様子もなんとなくわかる、きれいなボケだと思います。

陶器の鳥の可愛さが伝わるでしょうか。
割れるのが怖くて買えませんでしたが、このお店のリースは本当に可愛くてほしかった。



旧市街広場の銅像と街並み。今回の旅行では貴重な青空写真です。
像は暗いものの、ディティールは失われていないかと思いますがどうでしょう。

後ろの建物の色が少し薄いかな。
現像の時に少し彩度をあげてもよいかも。



有名なプラハの天文時計。
一番望遠側で撮影していますが、曇りでも手振れなくきれいに撮影できました。
解像感も良い感じ。



市場で売っていたベリーの山。
この見た目、可愛すぎる!

もっと近寄って撮りたかったのですが、お店の人の目が気になってこれが限界でした…。
この写真はかなり暗くなってしまったので、加工で露出補正をしたいですね。



有名なカレル橋の橋塔から。18mmで撮影しています。

日没の時間を狙っていったのですが、時間が遅すぎたのか雲が多すぎたのか、思ったよりも薄暗い感じになってしまいました。
彩度高めに現像したい写真。



5つの星のアトリビュートを持つ聖ヤン・ネポムツキーの像と彼の眠る聖ヴィート大聖堂(たぶん)。
空の色がお気に入りです。
なお暗くて見にくいですが、像の足元は人込みでぎっしりなので、トリミングしたい写真。

ミニチュアコレクション

X-T20には「アドバンストフィルター」という機能がついており、加工した写真を撮影することができます。

プラハは、それはもう面白いくらい「ミニチュア」がはまる街だったのでたくさん撮ってきました。


上にもありますが、プラハの天文時計。おもちゃ感マシマシ
天文時計をモチーフにしたおもちゃはたくさんあったので、それを撮影しましたと言っても信じてしまいそう。



青空に恵まれなかったプラハ城の展望台。
ミニチュアにすると彩度が思いっきり上がるおかげか、曇り空があまり気にならなくなります



カレル橋の橋塔から、橋の逆側を撮影。
フィルターをかけていますが、夕刻の空の色は自然なグラデーションになっていて、きれいに撮れました。

さすが百塔の街プラハ。たくさんの塔が見えます。
右奥にこっそり混じっているのはテレビ塔?



火薬塔から見たプラハ。
このごちゃっとした感じがたまりません。

2つ上の写真と見比べるとわかるのですが、木や建造物は割とおもちゃっぽくなる一方で、空は自然な感じが残りやすいかなと思います。



カレル橋の下を通っていく船が二隻。
こちらの写真もおもちゃ感がとてもよく出ました。

水の表現・質感がとても良いと思います。



夜景もこの通り。
ピントが合っている以外の部分が暗いせいか、おもちゃ感は少なめ。


関連記事
X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(ハンガリー編)
 クルーズからの夜景写真を掲載しています。カメラ頑張った。
X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(チェスキー・クルムロフ編)
 薄曇りの日は少し色が薄く映りました。街を切り取る写真を頑張ってます。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿