X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(チェスキー・クルムロフ編)

つい先日購入したX-T20とキットレンズ(18-55mm)を持って、中欧旅行へ行ってきました。

旅行記は別に書きますが、「X-T20でどんな写真が撮れるのかなー」と気になる方向けに、いい感じに撮れた写真を縮小とウォーターマーク以外加工なしで紹介します

今回はチェスキー・クロムロフ編。
この日は薄曇りで、全体的に色がはっきりとしない写真が多くなりました。


写真の基本情報

カメラの設定
絞り優先、SS自動、ISO自動(3200まで)
すべて手持ちで撮影

アップロード方法
JPEG、加工は縮小(縮小専用)とウォーターマーク挿入のみ

撮影者
手振れとピンぼけ写真量産に悩むよく写真が右に傾く初心者
絞り優先が好きだが、適切な絞りの選択はまだ修業中

その他
全体的に現像の時に彩度をあげたくなるような写真が多いです

X-T20とキットレンズ(チェスキー・クルムロフ編)

この日は空にレンズを向けると真っ白になるような、薄曇りの日でした。
写真の色ははっきりしないし、影ができないので立体感も出づらいしで、観光写真を撮るにはなかなかつらい条件。


路地裏から見たお城。お空が白い。

外国の路地裏って絵になりますよね。
石畳やごちゃっとしたお土産物屋さん、石壁の家などは、「ヨーロッパの日常の一コマ」みたいな雰囲気で撮影できたかなと思います。

わざとらしすぎずなんとなくいい感じに見えるので、フジフィルムの色は本当に好きだなー。



絞り値の選択がうまくいって、メインのお人形も後ろのボケもいい感じで撮れました。



ちょっとだけ見えた青空をすかさず撮影。
この写真なら現像で頑張れば、もうちょっと晴れた写真に見えるかもしれない。

割と淡いチェスキー・クルムロフ城の色が、派手過ぎず地味すぎずきれいにまとまっています。



プラハでは18mmではそれほど不足を感じなかったのですが(もちろん広いレンズがあればあったにこしたことはなかったですが)、チェスキークルムロフでは18mmのレンズが狭すぎました!

街自体が小ぢんまりとしていて、街の中心やあまり高さがない展望台が多く、18mmで撮るには被写体が近すぎるのかな?



街全体を撮るのが難しいので、切り取る方向で撮影。
ミニチュア機能が大活躍!

上から撮影したレストランと思しき建物がかわいらしい。
ドールハウスのようです。



それでもどうしても広く撮影したい! という場所は出てきます。
そんなときに、パノラマ機能が役に立ちました。

でもね、これでも撮りたかった範囲を考えると狭いんです。
この場所は、中心の街をぐるっと川が取り囲んでいるのですが、そこまで取れたらパーフェクトなんだけどなーという感じ(つまり下部分が足りない)。
広角レンズを使ってパノラマ撮影したらいいのかな。



街の中心部をミニチュアで撮影。可愛い!!
この街でのミニチュア撮影は外れ無しですね。

関連記事
X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(プラハ編)
 色がきれいにでた写真が多いです。ミニチュア写真も多数。
X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(ハンガリー編)
 クルーズからの夜景写真を掲載しています。カメラ頑張った。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿