2017京都紅葉散歩3:南禅寺

京都の紅葉の名所、そして東山観光の起点として有名な南禅寺へ紅葉を見に行ってきました。
紅葉シーズンの初めに訪問したので、グラデーションが大変美しかったです。

非常にアクセスがしやすく他の名所へ足を延ばすのも簡単なので、京都観光に慣れていない方にもおすすめ
本日撮影した写真と一緒に、おすすめポイントをまとめてみました。

南禅寺のおすすめポイント

地下鉄駅から徒歩圏内

観光シーズンの京都の混雑ぶりは年々ひどくなってきています。
京都市内を回るにはバスが便利だったのですが、最近はバスが来なかったり乗れなかったり渋滞に巻き込まれたりで時間が読めないことも増えてきたので、あまりお勧めできません。
バスにある程度詳しいと渋滞しづらい路線や本数の多い路線など混雑を避けて使うこともできるのですが…観光目的で京都に訪れる場合なかなか難しいと思います。

その点、南禅寺は京都駅から地下鉄で来れるため、バスの渋滞などに巻き込まれることなく到着することが出来ます。


無料駐輪場がある

京都市内は基本的に平坦なので(多少の高低はあるのですが)、自転車での移動がとても便利です。
かくいう私も、京都観光をする際は基本的に自転車を使っています。
そんなわけでレンタサイクルを使って観光するのはとてもおすすめなのですが(道が狭いところも多いから気を付けてね)、意外と駐輪場がなくて困ることがあります。

しかし南禅寺には参拝者向けの無料駐輪場が用意されています。
場所は西側の門から入って左(北側)に曲がったところです。


変わった見どころと定番の見どころがある

京都は神社仏閣が多いので、少し目先を変えた見どころとして「水路閣」はいかがでしょうか。
明治時代に作られた赤レンガの建造物で、なんとも言えないカッコよさがあります。
連続するアーチを利用したり周りの紅葉とコラボさせたりと、写真スポットとしても有名


また、定番の見どころとしては庭園。
特に塔頭の「天授庵」の庭園が美しいようです。

私は今回庭園にはいきませんでした。
紅葉の時期としてはまだ早いので、入るならもう少し後の時期がいいかなと思ったからです。
ただ、外からもきれいな紅葉が見えていたので期待値はかなり高いですよ!


広い境内が無料

南禅寺の境内に入るだけならば無料で観光できます。
ちなみに、今回私が撮影したのも全部無料で見られる場所。

境内はかなり広く紅葉を楽しめる場所も多いので、うろうろするだけでも結構楽しめます。
また、境内が広いため人が多くてもそれほど混雑した印象を受けず、ゆっくりと見て回ることが出来ます

ただ個人的には、紅葉のハイシーズンならば拝観料が必要な庭園山門はかなりおすすめ。やっぱりきれいです。


近隣に見どころが多い

徒歩圏内に以下の名所が固まっています。
  • 永観堂(徒歩10分)
  • 哲学の道(徒歩15分)
  • 金戒光明寺(徒歩20分)
  • 法然院(哲学の道沿いに25分)
  • 銀閣寺(哲学の道沿いに30分)
この中で金戒光明寺だけは少し場所が違いますが、他の4か所はすべて同じ方向なので定番の観光ルートになっています。


南禅寺のアクセス



最寄りの駅は地下鉄「蹴上」。徒歩10分程度です。
一応バス停もありますが断然地下鉄がおすすめです。

たまたま近くのバス停で乗れたからバスで向かう…というならまだいいのですが、京都駅から5番に乗って「南禅寺・永観堂道」に向かう計画を立てているならやめたほうがいいです。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿