京都紅葉散歩 その4:金戒光明寺・栄摂院・真如堂 Akari

京都紅葉散歩 その4:金戒光明寺・栄摂院・真如堂

その3からの続き。

哲学の道をそのまま南下すると南禅寺・永観堂に行けますが、今回は西に曲がって金戒光明寺へ。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

◆金戒光明寺

南禅寺・永観堂のほうが知名度が高いと思うのですが、こちらも紅葉の名所。


敷地が広いので人が多くてもゆっくり見られます。

今回まわった中では、ここの紅葉が一番見頃でした。
こんもりとした形がかわいい木です。

◆ 栄摂院

完全にノーマークだった場所です。

金戒光明寺から北に歩くと真如堂に行けるのですが、その途中にありました。

この辺りには公開されていない小さなお寺が多く(Google Mapを見てもらうとよくわかると思います)、どうなっているのだろう?と思っていたのですが、「塔頭(たっちゅう)」という建物のようです。


その中の一つの門が開いていたので、入らせていただきました。
(何も案内がないので、入っていいのかかなり迷いました…)

ここのお庭がとても素敵でした!


赤・黄色の紅葉と、苔むした庭と仏様。

観光ツアーでくるような場所ではないので、ぽつぽつと人が出入りしますが、静謐な空間が保たれています。


縁側に座れる場所があるので、しばらくそこでぼーっとさせてもらいました。

◆ 真如堂

さて、この日の散歩最後の真如堂。

…ですが、既にかなり疲れていたのと、紅葉の見頃が過ぎていて、撮影していた写真は1枚だけでした。


この直前に訪れた栄摂院が予想外に良かったので、それで満足しちゃったんでしょうね~。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

今回まわったコース(今出川から哲学の道を南に下り、金戒光明寺を北に抜けるコース)、一人でゆっくりと写真を撮りながら、大体4時間ほどでまわりました。

写真やカメラ自体は前から興味があったのですが、実は「写真を撮るために出かける」というのは今回が初めてでした。

設定の仕方や散歩コースの組み立て方など、次回に生かしたいことにいろいろと気づきました。
もっと自分が楽しめる写真が撮れるようになりたい!
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿