粟餅屋 澤屋(京都・北野白梅町):老舗が受け継ぐ優しいおいしさ

北野天満宮の近くにある粟餅屋さんです。
老舗の超有名店ですね。

粟餅屋 澤屋
京都府京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7


行列ができていることも多いようですが、平日の夕方に訪れたところすぐに入店できました。

ふわふわとした軽いお餅

餅という名前がついていますが、普通のお餅とは違ってかなり軽い食感。
そしてフワフワしているので、あっという間に食べられます。

びっくりするくらいするするっと食べられるので、おなかいっぱいご飯を食べた後なら3つ、ちょっとでも小腹がすいてるかなと思ったら5つをおすすめします。

普通のお餅に比べておなかにもたれないと思うので、ちょっと無理して食べても大丈夫ですよ!

きなことあんこの比率はお好みで

店内には注文用の見本が置いてあるんですが、粟餅のきなことあんこの比率は好きなように注文できます
きなこも餡子も甘さが絶妙で、どちらもおいしいです。
私はきなこのほうが好きなので、毎回きなこを多めにしています。

その場で食べるのがおすすめ!

こちらの粟餅は持ち帰りもできますが、断然その場で食べるのがおすすめ
それほど広くない店内なので行列がひどいときは難しいですが、可能なら店内で食べるのが一番おいしく食べられると思います。

お持ち帰りもおいしいんですけど、やっぱりお餅が固くなってしまうし、きなこが水を吸ったようになってしまうのも残念なんですよね。



現地でないと楽しめない味なので、京都に来た際は是非。
ただ脳に直撃するおいしさではないので、あんまりハードルをあげて訪問するとがっかりするかもしれません。

でも不思議と後日食べたくなる魅力があります。
じんわりとしたおいしさなんですね。

スポンサーリンク

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿