Bloggerで始めて独自ドメインを取得した理由 あかりlog

Bloggerで始めて独自ドメインを取得した理由

最初はBloggerで始めたブログでしたが、数日前に独自ドメインを取得しました。
ただサーバーは借りていないので、Bloggerで作ったブログを、独自ドメインで運営しているという状態です。

元々は無料で続けるつもりだった私が、なぜ独自ドメインに踏み切ったのか。
自分なりに調べた独自ドメインのメリットを書きたいと思います。

ちなみに今回独自ドメインを取得するのに選択したのはエックスドメイン
値段も安いし、同じ会社が運用しているレンタルサーバー(エックスサーバー )の評判が良さそうなので、いずれ使うときに一緒のほうがいいかなと思ってこちらにしました。


独自ドメインを取得した理由

Bloggerは検索に弱いのではという疑惑

元々Bloggerを使い始めたのは、Google AdSenseが使いたかったから。

私がブログを作ろうと思ったときに、無料で作れるブログでアドセンスの申請ができるのはBloggerだけだったんです。

それでブログを作って、更新していったのですが…1か月ほどしてからなんとなーく思ったんです。
Bloggerって検索で全然ひっかからないんじゃない?

私は昔からいくつもブログを作っていたんですけど、ブログって結構すぐに検索上位に来るイメージがありました。
昔のfc2とかチート級にSEOが強かったらしいですね。
Googleのアルゴリズム変更によってそういうことも減ったとは聞きますが、それでも現在運営している別のブログは割と上位のほうに来ます。

でもBloggerで書いた記事は一向に検索に出てきません

色々検索してみたんですが、Bloggerは特にSEOが弱いわけではない、という記事はいくつかありました。
でも、GoogleはBlogger=個人のブログって知ってるから、有用性の低いページだと最初からみなされてるんじゃないの?という疑惑がどーしても頭をもたげて仕方ありませんでした。

内部リンクを貼る記事を修正する必要がある

昔から過去の記事をリンクして記事を作るのが好きでした。

このブログもかなり早い段階から内部リンクを使って記事を書いていたんですが、もし後々独自ドメインを取ったらリンクの貼り直しをしないといけなくなります
想像するだけでも苦行。

ということで、早い段階で独自ドメインを取得するのもありかなということに気づきました。

独自ドメインは意外と安い

ブログを運営するなら独自ドメインがいいよ、というのはよく聞いていましたし、私もいずれは独自ドメインで運営したいなあとは思っていました。

ただ、ブログが無料なのが当たり前の中育ってきたので、なんとなく「いきなりお金払ってまでブログするのはどうなのかなあ」という気持ちがあって、すぐに独自ドメインの購入に踏み切れなかったんです。

でも、ある日ふとバナーを見てみたら、独自ドメインって意外と安い
1年でランチ1回分。

あれこれ悩んでるより買っちゃったほうが気楽なんじゃない?ということに気づいて、即日購入してました。
そして2日後にほぼ半額割引セールやっててちょっと泣いた

Bloggerに残った理由

独自ドメインを取得してから迷ったこと。
それはレンタルサーバーを借りるかどうかです。

迷ったのですが、今の段階ではBloggerをそのまま使った方がいいかなと思って、Bloggerに残ることにしました。

WordPressを使える気がしなかった

レンタルサーバーを借りる=WordPressを使ってブログを作成する、ということになると思います。
しかし私はまったくといっていいほどCSSなどの知識がありません

Bloggerのテンプレートくらいなら、検索して何とかなりましたが(何とかなってないところもあるんですが)、一から作るWordPressはとてもじゃないけど扱える気がしませんでした。

ただWordPressを使った人は、みんな「変えてよかった!」と言っているようなので、いつかは変えたい。

レンタルサーバー代は意外と高い

あまりに安いところだと不安定、かといってしっかりしたところだと高い。

独自ドメイン代に比べて、レンタルサーバー代はそれなりに高くなりやすく、Bloggerにそこまで不満がなかったので「しばらくはこれでいいかな…」という気持ちになりました。

ただ、いざサーバー引っ越ししようとするとかなりつらいようなので、そこは覚悟してます。
というか覚悟できるだけのアクセスがあったら考えます。

…と思ってたんですが、この記事を書いているときにエックスドメイン で無料サーバーがあることに気づきました。

ここから慣らしていくのもありかな?


スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿