Cafe La TRAVIATA / カフェ・ラ・トラヴィアータ(静岡駅)

急に静岡に行くことになったので「個人経営でおいしい料理が食べられるところ、できればパスタ」を求めて、新幹線の中で食べログを検索して訪問。


雰囲気の良いお店で、おいしい料理を気持ちよく満喫しました。

Cafe La TRAVIATA
静岡県静岡市駿河区南町2-26 ロアシズオカ1F

↑Googleだと点数低いんですけど、この口コミの詳細見てみると意味不明なんで入力ミスなのかなーという気も。

いろんな意味で便利なカフェ

駅からのアクセスが良い

新幹線の止まる静岡駅から徒歩で5分ほど。駅近といって差し支えない距離です。

静岡駅前は大きなビルやきれいな陸橋などがあり近代的な感じなんですが、一歩横に入ると下町のような雰囲気の通りでした。
小奇麗なお店があるかと思えば、地元のおばあちゃんがやっているようなお店もあり、なかなか混沌としています。

なんとなく閑散としていたのですが、飲み屋さんが多いように見えたので夜になったらにぎやかになるのでしょうか。

雰囲気が良い

レンガ造りのような外観と、木の扉の入り口がいい雰囲気です。


中は撮影していませんが全体的に落ち着いた木のインテリアで、カウンター(兼バー?)はきらきらとした照明が可愛らしく、どんな場面でも使いやすいような内装になっていました。

訪問したのは平日の13時30分頃。
14時ラストオーダー15時ランチ終了なので割と外した時間かなと思いましたが、店内には3組の先客がいました。そして私の後にも一組。
この時間でこれだけ人がいるということは、日や時間によっては入れなかったりするのではないでしょうか。

コスパも良さそう?

今回注文したのは、サラダ、前菜、選べるパスタ、デザート、ドリンクのランチコース。1300円(税別)。
これ以外に、サラダ、選べるパスタ、ドリンクのランチ(970円)と、ピザが単品で注文できるようでした。

このあたりのランチの値段はよくわかりませんが、かなり頑張っているのではないでしょうか。

彩りの良いお料理に満足

料理の満足度は全体的にかなり高いです。
味ももちろんですが、見た目が華やかなものが多く、少しずついろんなものが食べられました。

特に女性は喜ぶんじゃないのかな。

サラダ

ランチのサラダって申し訳程度のものが出てくることが多いのですが、こちらのサラダはかなりしっかりしたものでした。


彩りがよいですし、なにより野菜の種類が豊富なのが嬉しいですね。
生ものって種類が増えるとその分ロスも増えやすいので、つい種類が少なくなりやすいと思うのですが、やっぱり種類の少ないサラダって寂しいんですよね…。

このサラダは付け合わせのサラダではなく、ちゃんとした一品としてのサラダになっていて、最初の一皿としてとっても満足しました。

前菜

そして前菜。この値段でなんと4品揃ってます。


どれもおいしかったのですが、一番気に入ったのがパテ
臭くなくて、でもちゃんとねっとりした食感があって、味も嫌味がありません。
ランチでパテが出るなんて!
お酒が欲しくなってしまいます。

ビスケットのようなもの(これよく見るのだけど名前はなんというのでしょう)も、ばりっと焼いてあります。温かくて香りもしっかりとしていておいしい。
手間を考えると毎回生地から焼いてるわけではないと思うんですが、温めなおしたという感じもまったくしなくて、ぱきっという音を立てて食べれられる食感が楽しいです。

メイン

今回選んだのは、小エビとアスパラガスのバジルソース。春らしくていいですね。


これはね~、サラダ・前菜と比べるとちょっと肩透かしな感じでした。
決しておいしくないわけではないのですが、サラダ・前菜のレベルから考えるともっとおいしいと思ったんだけどな…という感じで。
何度も言いますが、決して悪くないんですよ。でもなんだか満足できない。
なんでかなーと思ったんですが、たぶんバジルの香りが弱いからだと思います。

最近気づいたんですが、私は料理についてかなり「香り」を重視している傾向がありまして、香りによって料理の満足度が変わってしまうんですね。
ということで、このパスタは私が想像していたよりちょっと香りが弱かったため、残念な気持ちになったのだと思います。
バジルは生で育てて食べることが多いので、さすがにその経験と比べるのは良くありませんね…。今の季節は、生バジルも高いだろうし。

香りについてはそんな感じでしたが、プリッとした食感のエビ(火加減がちゃんとしている!)と、やわらかいアスパラガスとのコラボは良いものでした。
チーズが別添えになっているので、お好みで濃さを加減できるのもいいですね。

さてこのパスタ、最初来た時「結構少ないな…お腹持つかな」と思ったんです。
でも食べ進めるうちに「あんまり減らないな…」となり、最後にはちょっと苦しくなりながら完食となりました。
麺がもちもちしているので、見た目よりかなり食べごたえがあります。生麺なのかな?
それからパスタソースも濃いので、そういう意味でもお腹にたまります。

デザートと紅茶

デザートはティラミス。
私はティラミスってあんまり食べたことがないのでよくわからないのですが、割とケーキっぽいタイプのように思いました。あと生クリームと卵の味が濃くて、チーズっぽさは少なかったかも。


紅茶は…あんまり印象に残らなかったです。
ちょっと渋みがあるな~とは思ったのですが、パスタの味がかなり濃かったことに圧倒されて、あまり紅茶のことを気にできなかったのかな。
少なくとも食事の邪魔をするような紅茶ではなかったようです。

ちょっと小さめのポットで来ますので、少なく淹れれば2杯分、たっぷり淹れれば1杯分になるかと思います。
スポンサーリンク

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿