X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(ハンガリー編) Akari

X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(ハンガリー編)

つい先日購入したX-T20とキットレンズ(18-55mm)を持って、中欧旅行へ行ってきました。

旅行記は別に書きますが、「X-T20でどんな写真が撮れるのかなー」と気になる方向けに、いい感じに撮れた写真を縮小とウォーターマーク以外加工なしで紹介します。

今回はハンガリー編。
ナイトクルーズがあったので、「船の上+手持ち+写真初心者」という最悪の条件の写真があります。
割と悪くない写真が撮れたと思うのですが、どうでしょうか。

写真の基本情報

カメラの設定
絞り優先、SS自動、ISO自動(3200まで)
ナイトクルーズのみSS優先(500か1000)、絞り自動、ISO自動
すべて手持ちで撮影

アップロード方法
JPEG、加工は縮小(縮小専用)とウォーターマーク挿入のみ

撮影者
手振れとピンぼけ写真量産に悩むよく写真が右に傾く初心者
絞り優先が好きだが、適切な絞りの選択はまだ修業中

その他
SSについて、X-T20のダイアルでは500か1000を選択していたはずですが、写真のExif情報では露出時間が1/15秒か1/20秒になっています。
表示がすれてると思うのですが、これで正しいのでしょうか…?

旅行初日で疲れていたのか、曲がってる写真が多数あります。
見苦しいとは思いますが、修正なしでの写真をアップしたいのでそのままにしています。

X-T20とキットレンズ(ハンガリー編)

ブダペストの王宮の丘から。


王宮の丘に登る裏道っぽい階段から、マーチャーシュ教会を撮影。
手前に通路の影を入れたかったので、奥の白い建物は真っ白になっちゃうかなと思いましたが、思っていた以上に耐えてくれました。

塔の描写が縮小版だとわかりにくいので、一部をペイントのトリミングで切り出してみました。


画像が少し圧縮されているのでこれでもわかりにくいかもしれませんが、細かい装飾はよく見えると思います。
元の写真だと、ちゃんと建物に使われているレンガの線が見えます。



漁夫の砦も白い建物ですが、ディティールがよく残っていて建物の様子がわかりやすいです。
この写真は右に傾きすぎですね…。



漁夫の砦から見たブダペストの街。
この日の天気は良かったのですが、街に靄がかかったようになっていてあまりクリアに撮れませんでした。
現像の時にいじったらもっときれいになるかな?



王宮の丘に登る裏道っぽい階段。
こういう石造りの階段はヨーロッパぽくてわくわくします。
薄暗い通路でしたが、適当にパシャっと撮るだけできれいに撮影できました。



こちらはドナウベントの街、センテンドレの裏道。
セルビア人が建てた建物が多く、ハンガリーの他の街とは少し雰囲気が違うそうです。

明るく可愛らしい色づかいの家が多いですね。
右下の原色バリバリの鞄の色が破綻せずに撮れました



センテンドレのカフェでよくある構図で撮ってみました。F値5.6。

この写真自体は気に入っていないのですが、ちゃんと背景や構図を選べば「食べ物+背景」のいい写真を撮れそうな可能性を感じます。



ここからはドナウ川ナイトクルーズの写真が続きます。
私の持っているミニ三脚を立てられるような場所がなかったので、手すりやテーブルでカメラや体を固定しながら手持ちの撮影です。

更にレンズの広角側限界18mmで撮ると上下の黒い空間が多くなってしまったので、少しズームする必要がありました。
撮影条件きつすぎです。でもカメラがかなり頑張ってます



これは望遠側限界の55mm
橋の装飾や、橋の欄干の細かい模様が撮影できました。



これで24mm。これでも上下の黒い部分が多いかなーという気がします。
建物、橋、奥の像それぞれが違った色でライトアップされているのがわかります。



ライトアップされた国会議事堂の上にはが飛んでいます。
肉眼ではよく見えますがそこそこ小さいので、まさか撮れないよなーと思ったら撮れてました。

特殊撮影編

ドナウベントの街、エステルゴムの修道院裏手からスロバキアを望む景色です。


プラハ編でもさんざん紹介した、アドバンスドフィルター「ミニチュア」。
ジオラマっぽくて楽しい。18mmで撮影しています。



パノラマを使った写真例。
上の写真と同じ場所で撮影しているので、見比べてもらうと1枚で撮った場合との違いが分かりやすいと思います。

大体写真3枚分くらいの範囲で撮れているみたいですね。
1枚の写真が2832×4240(Mサイズでの撮影)に対して、パノラマは6400×1400になっています。

公式サイトによると、パノラマサイズはL:9600×1440、M:6400×1400となっているので、Lにすればもう少し広い範囲が撮れるのかな。
今度比較してみようと思います。

関連記事
X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(プラハ編)
 色がきれいにでた写真が多いです。ミニチュア写真も多数。
X-T20とキットレンズで撮る中欧旅行(チェスキー・クルムロフ編)
 薄曇りの日は少し色が薄く映りました。街を切り取る写真を頑張ってます。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿