珈琲店再願(京都・銀閣寺):哲学の道沿いの落ち着いた喫茶店

哲学の道沿いにはカフェが多く立ち並んでいます。ここ数年で急に増えましたね。

その中で、昔ながらの喫茶店スタイルのお店を楽しむならこちらのお店がおすすめ。
哲学の道沿いにあるため、窓から哲学の道の景色が楽しめるお店です。

珈琲店 再願(食べログ
京都府京都市左京区浄土寺下南田町133
8:00~17:00
※食べログなどでは7時から開店になっていますが、私が訪問した時はopen8:00~と書いてありました
075-751-7968
最寄り:市バス「南田町」「浄土寺」「銀閣寺道」※近い順


メニューと本日のオーダー

ドリンク500円から、フード350円から、ケーキセットは850円。
詳細は最後にメニュー表を添付しています。

モーニングは10時まで。
トースト・サラダ・ゆで卵・ミニスープにドリンクがついて750円です。
※桜の季節はお休み。

哲学の道沿いという好立地ですが、値段は一般的な喫茶店と変わらないです。

本日は「ミックスサンド(750円)」と「ブレンドコーヒー(500円)」をオーダー。

料理の内容と感想

ミックスサンド

関西独特の厚焼き玉子の入ったタマゴサンドとハムチーズサンドのセットです。


厚焼き玉子は適度に柔らかく、食べているときにほぐれてきます。
甘すぎたりしょっぱすぎたりしない、優しい味。

ハムチーズに挟んであるのは、なんと紫蘇。
珍しい組み合わせですよね。でもはずれのない組み合わせ。もちろんおいしかったです!
こういうふうにちょっと一工夫のあるメニューは、食べていてとても楽しいです。

コーヒー

コーヒー歴の浅い私ですが、「おいしいコーヒーってこういうのか!」と思いました。
コーヒーの味を決める各要素(苦味と酸味)がどちらも強く、パンチがあります。
しかしバランスが良いのか、飲みやすい。

ミルクを入れてみたらどちらも弱くなってしまったので、ブラックで飲める方はぜひブラックで楽しんでください。
コーヒー豆の量り売りもあります。

訪問した時間とお店の込み具合

訪問したのは雪の積もった(京都で積雪は珍しいです)土曜日9時頃
先客はご夫婦二人組、そして私が出るころに家族連れ4人組が来られました。
どちらも常連さんらしく、マスターがお名前を呼ばれているのが印象的でした。
古くから営業されているお店なので、地元の方も良く来られるのでしょうね。


外観はちょっと古め。
観光に来た際に「ちょっとおしゃれなお店に入りたいな」と喫茶店を探しているならば、この外観は入りにくいと思います。
しかし中はアンティーク調で落ち着いていますし、喫茶店のメニューはおいしいので、良い思い出になると思います。


哲学の道沿いということで、桜の季節はかなり込み合うようです。
白飛びしていて見にくいですが、↓の画像の右側窓に見えているのは哲学の道の桜の木。


近くの観光地

・哲学の道(通りに面しています)
・法然院(徒歩3分)
・銀閣(徒歩7分)
・安楽寺(徒歩4分)
・霊願寺(徒歩8分)

近くに観光できるお寺がいくつもあるので、再願でモーニングを食べてから出かけるのも楽しいと思います。
法然院は6時開門なので、モーニングの前に立ち寄れます。おすすめ。

メニュー詳細

クリックで拡大します(横1280pixel)。


※いつもはレストランの記事はRicohGRで撮影していますが、この記事はX-T20とxf14mmF2.8を使っています。
スポンサーリンク

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿