ALICE / アリーチェ(京都・北白川):生パスタがおいしい暖かな雰囲気のイタリアン Akari

ALICE / アリーチェ(京都・北白川):生パスタがおいしい暖かな雰囲気のイタリアン

観光地からは少し離れますが、おいしいお店を見つけたのでご紹介。
元々別のイタリアンが入っていていつか行こうと思っていたら、いつの間にかお店が変わっていました。

2016年にオープンされた新しいお店です。

ALICE(アリーチェ)(HP
京都府京都市左京区北白川上別当町13-5
ランチ:11:30-15:00(L.O. 14:00)
ディナー:18:00-22:30(L.O. 21:30)
075-741-7093
定休日:月(ランチは営業)、火
最寄り:市バス「北白川別当町」



メニューと本日のオーダー

生パスタを使ったパスタランチは、サラダ・バゲット付きで1080円
パスタはアマトリチャーナ・ポロネーゼ・牛スジトマト煮込みソース・キノコのクリームソース・スモークサーモンのクリームソース(+100円)・本日のオイルベースパスタから1つを選びます。

パスタ大盛り(1.5倍)は+150円。
ドリンクセット+120円、デザートセット+300円、ドリンク&デザートセット+420円。

本日のオーダーは、パスタランチ(牛スジトマト煮込みソース)にドリンク&デザートセットです。

料理の内容と感想

サラダ

最初に出てくるサラダ。


量はそれほど多くありませんが、色々な種類のお野菜が入っているので食べていて楽しいサラダです。
ドレッシングもマイルドな味で、とても食べやすい。

ランチとはいえ、やっぱり最初に出てくるお皿って大事。
サラダがちょっと凝っていると、それだけでメインを待つ時間が苦になりません。

メインの生パスタ

メインの生パスタ(牛スジトマト煮込みソース)とバゲット。


見た目の量は少なめですね。
しかし、生パスタだけあってもちもちしているので、食べてみると意外と量があります
私はこの量で充分だと感じました。

そしてこの生パスタが、とってもおいしい!!

私はパスタが好きなので、これまで生パスタも何度かチャレンジしてきたんですが、いまいちおいしいと思えなかったんです。
「なんか…太い麺?」という感じで、「あえて生パスタを選ばなくてもいいかなぁ…」という感想でした。

しかしここの生パスタは、「あえて生パスタを選んで食べにきたい!」と思えるほど好きな味でした。
もちもちしながらもべったりとしておらず、中心にはしっかりとコシが残っています。
中心から外側にかけてしっかり~もちもちがきれいなグラデーションになっていて、ぶよぶよとした食感は感じませんでした(ぶよぶよしたの、苦手なんですよ!)。

牛スジとトマトの煮込みに臭みはなく、思っていたよりもあっさりとしたソースでした。

ちなみに一緒に行った友人がオーダーしたパスタ(スモークサーモンのクリームソース)も紹介します。


これは大盛りなので、少し量が多いですね。

ちょっとびっくりするくらいスモークの香りがしっかりとするパスタでした。
そういえば「スモーク」サーモンなんだよなぁ…と思い出すような味(日本のスモークサーモンってほとんど燻製の香りがしないものが多いですよね)。

こちらもおいしかったですよ!

デザート

最後にデザート。


良くないですか、これ! 4つの小さなドルチェなんですよー!

詳しい内容は忘れてしまったのですが、左からケーキ・クリームブリュレ・ブラマンジェ・ヨーグルトのソルベ…だったと思います(違ったらごめんなさい)。
どれも食べやすい甘さで、食べ終わっても口の中はさっぱりしていました。

訪問した時間とお店の込み具合

訪問したのは土曜日の12時過ぎ
テーブル席は私たちで最後、カウンターも2席ほどしか空いていないという状況。
この立地(観光地がそれほど近くなく、メインストリート沿いでもない)で、これだけお客さんがいるというのは予想外でした。

お客さんが退店したと思ったらすぐ入店があったりして、お店のマダムはひっきりなしに動かれていました。
食事中にも何度か電話がかかってきていたので、飛び込みで入れたのは結構ラッキーだったのかもしれません。


驚いたのは、お店の奥に扉がしまる小部屋があったこと。
小さな子ども連れのお客さんが案内されていたのですが、ああいう小部屋だとお母さんたちも気兼ねなくランチができそうで、いいシステムだなーと思いました。

徒歩圏内の観光地

・慈照寺銀閣(徒歩15分)
・詩仙堂(徒歩20分)
※GoogleMap調べ

徒歩圏内とは書きましたが、どこの観光地からも徒歩では少し遠いです。
バスの時間にもよりますが、北白川別当町のバス停を利用して市バス移動がいいのではないかなーと思います。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿