Anko:親切な接客のポーリッシュポタリーのお店(ポーランド・ワルシャワ) Akari

Anko:親切な接客のポーリッシュポタリーのお店(ポーランド・ワルシャワ)

ワルシャワにあるポーリッシュポタリー(ポーランド陶器・ボレスワヴィエツ)のお店。
観光地からは離れていますが、いろんなブログに紹介されている有名店です。

実は、私のポーランド人の友人が、ワルシャワで一番おすすめのお店として教えてくれたのもAnkoでした。
友人によると、ポーランド人の中ではそれほど有名ではないお店とのこと。
日本ではすごく有名なんだよと教えたら非常に驚いてました。

Anko(HP
Malczewskiego 46A, 02-622 Warszawa



メインの観光地からは離れているので、わざわざここに来る時間を取らないと来づらいお店です(ただ地下鉄駅からは近いので、来ること自体は簡単です)。

手前に建物が建っていて、場所が少しわかりにくいです。
※GoogleMapでは表示されていませんが、お店の南側に建物があります

通りを挟んだところにある銀行が大きくて分かりやすいので、それを目印にすると良いと思います。

品ぞろえについて

お店はそこまで広くありません。大体3~4人も入ればいっぱいになるくらいです。

そのお店の中にぎゅっと陶器が陳列されているので、数自体はかなりあります。
また、レジの奥にもたくさんの陶器が積まれていたので、店頭に見当たらなくても「この形でこの柄が欲しい」という相談をすれば見つかるかもしれません。


一通りの食器はそろっていますが、特にカップと小物が多いかなーと感じました。

小物はレジの横に置いてあり「この種類のものが見たい」というと、奥からたくさん入った籠を持ってきてもらえます。


↑今回お願いした鳥の小物。
ペーパーウェイトとして置くには軽く、箸置きとして使うには背が高く…と、使い道が思いつかなかったのですが、こういう小物は日本で買うのが絶対難しいので迷わず購入。
クリスマスのオーナメントにしてもよいかなーと思っています。

接客について

とてもにこやかで、親切な接客です。
「こういうのが欲しい」というと、レジの奥から他の種類のものを持ってきたりしてくれます。
店員さんは英語が通じるので、気楽に相談することが出来るのも嬉しいです。

そして何より、店員さんが日本人観光客に慣れているというのが心強い!
店主さん曰く、ほぼ毎日、日本からのお客さんが来るそうですよ。

店主さんも少し日本語を話されます。
とはいってもちょっとした単語と金額だけで、まだ勉強中とのことでした。

ちなみに日本人が良く話す単語は「かわいい」だそうですw
このお店に来たらそう言ってしまう気持ちは、とーってもよくわかる!


↑この写真の左側がレジになります。
小物が少し置いてあるのがわかるでしょうか?

包装について

ぷちぷち+紙のがっちり包装。心強いです。

日本人客に慣れていて長距離便に乗って日本に持って帰るということが分かっているため、しっかり包装してくれます。


関連記事:2018年ポーランド出張の記事リスト
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿