ATAO(アタオ)の財布の感想:見た目も使い勝手も良くておすすめ!

ネットの広告を見て一目ぼれしたATAO(アタオ)のお財布を買いました!
しばらく使ってみたところ、とても良かったので紹介します。

あまりにもよく広告で見る上「使いやすくて他のお財布に戻れません」といった謳い文句が書かれていて、しかも実際に使用している人の口コミでは「使いやすい!」という声ばかり
内心「胡散臭いのでは…」と思ってたんですよねw

でも実際使ってみると、確かに他のお財布にはない良さがぎゅっと詰まっていました

ATAO(アタオ)とは?

神戸発祥の日本ブランド。
元々はバッグブランドということでバッグの商品展開も豊富なのですが、ネットではお財布の広告をよく見かけます。

最近急に増えてきたL字型財布(L字ファスナーのついた財布)をいち早く展開したブランド
職人による手仕事ということで、安心の日本製です。

購入したお財布

今回購入したお財布はLimo Vitro(リモヴィトロ)。
ネットの広告でもよく出ている、「ステンドグラスをイメージした」という透明感のあるエナメルレザーが美しいお財布です。

色展開は2018年3月時点で7色。
ネットで購入できるのは、セピアボルドー、シャルトル・ブルー、サントリーニイエロー、アドリアエメラルド、チェリー、ブループリズムの6色です。
割と早いペースで新色が発表されます。

私が購入したのは、直営店限定の「アンコールオレンジ」です。


↑写真に撮るのが難しいお財布。実物はもっとエナメルレザーの艶感を感じます。
この写真の色はのっぺりとしていますが、実際は面白味を感じる表情のある色です。


↑裏までちゃんと同じ柄。同じような商品で裏は無地のものがありますが、個人的にはこちらのほうが高級感があると思います。

LimoVitroは裏にファスナーがついています。
人気のパイソンなど裏にファスナーがないタイプもあるので、財布の外側にファスナーが欲しい人(私はこのタイプ。切符などを入れたい)は要確認です。

LimoVitro(リモヴィトロ)アンコールオレンジの印象

可愛いけど派手です。でも本当に可愛いですw

LimoVitroが欲しくてお店に行ったのですが、どの色も良くてなかなか決められなかったんです。
ただ、私がお店に行ったときは直営店限定カラーが店頭に並んでいなかったので、店員さんに「もう1色ありますよね?」と聞いてみたら、当日再入荷したばかりで品出しが間に合ってなかったんですが…と言って「アンコールオレンジ」を奥から持ってきてくれました。
※ということで、店頭に見に行ってお目当ての色がなかったら店員さんに聞いてみるといいですよ!

それを見たとき、私と一緒に見に来てくれた人二人とも、思わず「あっ可愛い」と言ったんです。本当に思わず口をついて出た、という感じでした。
よく見ると結構派手なので「どうかなあ」と思ったんですが、完全に一目ぼれだったのでその場で購入しました。

家に持って帰ってからも「やっぱり派手かなぁ」と思ったのですが、1週間くらいすると見慣れてきて、「やっぱり可愛い! 買ってよかった!」と思えるようになりました。

ATAO(アタオ)のお財布のおススメポイント

薄くて軽い

なんといってもこれですね。
ネットの広告でも売り文句にしていますが、確かに軽くて薄いです。

ATAOのお財布を知ってからいろんなお店を回りましたが(ATAOはちょっと高かったので即決できなかったんです…)、ここまで薄くて軽いお財布は他のブランドでは見つけられませんでした。


何も入れない状態でお財布の厚みは大体1.5㎝程度
しかもファスナー部分を変形させずにこの厚み。
ファスナー部分をぎゅっと押すと、もっと薄くなります。
また、ファスナー以外の本体部分ももっと薄いです。

重さは約130gなので、ずしっとした重さを感じません

高級感のある見た目

薄くて軽いと気になるのが「ぺらっとしていて安っぽく見えないか?」ということ。
特にATAOを購入しようか迷っているのは社会人女性が多いと思うので、見た目が安っぽいお財布を使うのは避けたいところです。

私は実店舗に行ってすべてのお財布を見て回りましたが、どれも安っぽさは感じませんでした。
革の質感が良いだけでなく、お財布全体の作りがしっかりとしていることも大きな要因だと思います。

また、一般的に派手な色や可愛らしい色も嫌味がなくて、大人の女性が持っても違和感のないお財布だと感じました。
アンコールオレンジの色味なんて、安っぽい色味だったら完全に子どものおもちゃですからね…。

ワンアクションでお財布の中身が全部見える

ATAOのお財布はL字型になっていて、その外周にあるファスナー以外はボタンやファスナー類がありません
※種類によっては裏側にファスナーポケットがついています


そのため、外側のファスナーを開けるとお財布の中身が全部見えるんです。
小銭入れもそのまま見えるので、素早く支払いを済ますことが出来ます。

こう聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、慣れると「なんで今までいちいち2回も開けてたんだろう?」と思うくらい、楽!!
これに慣れてしまうと、確かに「他の財布にはもう戻れない」と思います。

くったりとした革なので手に馴染む

L字型財布だとL字にしか開かないので、財布の中身が見えにくいのでは? と思っていました。
けれど、革が柔らかくお財布が簡単に曲げることができるので、中を大きく開けてみることもできます。

革が固いお財布に慣れていると、最初戸惑うと思うんです。「あれ? あんまり開かないぞ? 見にくいぞ?」って。
でも、革の柔らかさに気付いて使い方を変えたら、ぐっと使いやすくなりました。

購入できる場所

ATAOの商品が購入できるのは、大きく分けて3か所。
※それぞれタイトル部分にリンクを貼っています

直営店

2018年3月現在、直営店は神戸・大阪・東京・横浜にしかありません。

しかし、特にLimoVitroのような、柄の個体差が大きいシリーズは柄の出方によって印象がガラッと変わるので、もし行けるのなら実際に見て決めるほうが絶対におすすめです。

限定ショップ

全国の百貨店で期間限定でATAOの商品が取り扱いされることがあります。

ただ…それほど頻繁に開催されていないのと、情報をまとめたページが見つからないので、こまめにチェックしておかないと「気づいたら終わってた!」ということになりやすいです。

ネットショップ(公式ショップ)

直営店へ行けない場合はこちらでの購入になりますね。

販売数が少ないのか、どのお財布も出荷日ごとのオーダー受付になっています。
ただどれも注文自体はできているので、入手できないというほどではないですね。
ときどき直営店限定カラーが出てます。

ネットショップの色は、実物よりワントーン明るく掲載されているように思います。
ディスプレイやスマホの設定にもよりますが、購入前には実際に購入した人の写真つきレビューなどを見るのをおすすめします。

個人的には白っぽいもの・かなり明るい色味のもの・逆に濃い色味のものはそこまで実物との差は感じませんでしたが、ペールトーンに見える色味のものはそれを少し濃くしてくすませたような色に見えました。

ネットショップ(楽天 erutuoc(エルトゥーク))

楽天のネットショップのLimoは、チャームがタッセルから舵型になっています(リモヴィトロだけはタッセルのまま)。
このチャームも可愛いです!

ちなみにチャーム自体はカニカンで止めてあるだけなので、自分でお気に入りのものに差し替えるのは簡単です。


楽天なので、ポイント倍付け日を狙えば大きく割引できるのが嬉しいですね。
楽天はポイントのつけ方に慣れると、10~15%割引なら割と簡単につけることが出来ます。

ATAOの公式ショップはセールをしないので、同じ商品を買うなら楽天のほうがお安く買うことができます。
ただし、公式ショップより品数は少な目です。

エナメルレザーにはお手入れを!

エナメルレザーってビニールっぽい見た目なので丈夫なのかな? と思われがちですが、汚れで曇ったり、温度や湿度に影響を受けて割れてしまったりします。
一度汚くなってしまうと元に戻すことはほぼできないので、早めにお手入れをしておくのが大事。

長く大切に使うために、お財布と一緒にエナメルレザーのお手入れ用品を購入しました。


お財布用として使うならちょうど良いサイズで、LimoVitroに塗ってみても曇ったりせずきれいに仕上がりました。
※ロットによる違いがあるかもしれないので、実際に使うときはまずは目立たないところから試してくださいね!

関連記事:ATAOのお財布「Limo Half」がコンパクトで使いやすくてオススメ
半分のサイズの「Limo Half」は主にお出かけ用に愛用しています。
使い勝手を考えると長財布がおすすめですが、とにかくコンパクトさが飛びぬけているので別記事で紹介しています。
スポンサーリンク

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿