ワルシャワ旧市街で暮らすように泊まる:Old Town studio - Plac Zamkowy(ワルシャワのアパートメント) あかりlog

ワルシャワ旧市街で暮らすように泊まる:Old Town studio - Plac Zamkowy(ワルシャワのアパートメント)

ポーランドでの2週間滞在した際に、旧市街のアパートメントに宿泊しました。

滞在するなら、旧市街で暮らすように過ごしてみたいなあ」という気持ちで決めたのですが、その通りポーランドで過ごすことが出来てとても良い思い出になりました。

※アパートメントの詳細リンクは一番下にあります

おすすめポイント

立地が最高

なんといってもおすすめポイントは立地。
ワルシャワ旧市街(ワルシャワ歴史地区)という世界遺産の一角にあるアパートメントなのですが、その中でも最高の立地にあります。

「ワルシャワ旧市街」の中の「王宮広場」といえば、旅行会社のパンフレットやガイドブックにもよく載っている、代表的な観光名所。

このアパートメントの入り口は、その有名な「王宮広場」の写真に既に写り込んでいるんです(↓写真の赤丸部分)。


ということで、玄関を出れば目の前が王宮
夜でも余裕で旧市街に出られて、レストランに行くことが出来ます。


部屋が可愛い&バスタブ付き

ホワイトとターコイズブルーを基調とした内装で、かなり可愛いです。
Booking.comの紹介ページ のイメージと、ほぼ変わらないと思ってもらって大丈夫。

※この記事に私の撮った室内写真を何枚か載せていますが、到着時深夜に撮ったためちょっと色が暗め


そしてさらに嬉しいのが、そこそこ大きめ(足を伸ばして入れるくらい)のバスタブ付きなこと。

電子キー使用のため鍵のやり取りが必要ない

アパートメントで一番面倒なのがカギの受け取り
特に、海外の場合航空便の関係で深夜到着になることも多く、カギの受け渡しが当日中にできない(=1泊目はホテルを予約する必要がある)ことも多いです。

しかしこちらのアパートメントは電子キーを使用しているため、オーナーと会ってカギをもらって…という面倒な手続きが一切必要ないんです。
チェックイン数時間前に、電子キーの番号がメールで送られてくるので、それを使用すればOK。

メールでの受け取りなので、当然メールを受け取れる環境になければいけません
しかしワルシャワ空港には無料WiFiがありますので、ここで確認してから動くようにすれば問題ないかと思います。

私は乗り継ぎの空港でメールをチェックしたところ電子キーが届いていなかったので、メールで連絡をしました。
その後ワルシャワ空港到着時にチェックしてみたら、ちゃんと電子キーが届いていました。

一通りそろってるアパートメント

アパートメントのため、生活に必要なものが一通りそろっています。
カップ、ヤカン、ガス台、ドライヤーなどなど。

特にありがたかったのが、洗濯機。
毎日洗えるかどうかで持っていく服の量も変わりますしね。

気になったポイント

カーテンがない

Booking.comの紹介ページ の通り、窓にはレースカーテンしかついていません
そして、小さな通りを挟んだ向かいにもアパートがあるので、普通に向こうからこちらが見えて、こちらから向こうも見えます。

そもそもヨーロッパではカーテンを使わない家も多いと聞いたことがあるので、ここに限らずアパートメントは大体こうなっているのかもしれません。


一人での宿泊向け

宿泊人数は二人までとなっていますが、ベッドが狭いので二人での宿泊はお勧めしません


オールド タウン スタジオ プラッツ ザムコヴィ(Old Town studio - Plac Zamkowy)

関連記事:2018年ポーランド出張の記事リスト
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿