トラベラーズノートが増殖したので紹介します Akari

トラベラーズノートが増殖したので紹介します

トラベラーズノートが増殖しました。
…といっても自然発生するわけないので、もちろん自分で購入したわけなんですが。

何年も欲しくて、でも使い切れるかわからなくて購入できなかったキャメル
この記事はキャメルへの熱い思いをひたすら書き綴ったものです。あとちょっとだけカスタマイズの話とか。


私とキャメルのトラベラーズノート

そもそも最初に購入した時(2013年)にキャメルがほしかったんです。
でも限定キャメル販売は2011年、キャメル定番化は2016年ということで、2013年はちょうど入手が難しい時期だったんですよね。

妥協して茶色を購入してそれはそれで愛用していたのですが、定番化したと知った時にやっぱりキャメルがほしいなと思ったんです。

ただトラベラーズノート自体それほど使用頻度も高くないし、買ってもな―使い道がなーという状態。
正直、トラベラーズノートって私としてはあまり使いやすくはないんですよ。ガタガタして書きにくいし。
でもそれを補って余りある雰囲気があって、つい持ちたくなるんですよね。
ということで、キャメルほしいなーと何年も思い続けていました。

そして、先日東京駅でトラベラーズノートのショップに行ったときに、やっぱりキャメルがほしい!! という気持ちが爆発してしまったんです。

しかしショップで買うのはなんだか気恥ずかしくて帰ってから通販で注文しよう…と思い、帰りの電車の中ではひたすらトラベラーズノート関連のブログを検索検索。
その時、ふとAmazonのトラベラーズノートを見たら、なんと手帳タイプが大幅割引されているのを見つけまして、「もうこれは買うしか!」とそのまま勢いでぽちっと購入しました。

キャメルがやってきた

ということで、手元にキャメルがやってきました。
キャメルは個体差が大きいので開けるときにドキドキしましたが、ラッキーなことに好みの薄い色の個体!!


手帳タイプなので、ブランクリフィルがない代わりにウィークリーリフィルとカスタマイズガイドとステッカーがついてきました。

キャメルのカスタマイズ

初代トラベラーズノートを使っていて大体自分の好みは把握しているので、ささっとカスタマイズを行いました。

とはいっても、シンプルな構成が好きなので、あまりカスタマイズしていません。

カスタマイズしたところ

本体ゴムの差し替え

本体と同色のゴムがセットされていましたが、同封されていた緑色のゴムに交換しました。
これだけで結構雰囲気が変わりますよね。

オイルでの手入れ

カスタマイズというには微妙ですが、艶のある革が好きなので使う前にオイルで手入れして日光浴させます。
これまで実家からもらってきた「革靴に使える」というオイルを適当に使っていたのですが、今回それを塗ったら結構色が濃くなってしまって、ちょっとやっちまった感があります…。せっかく色の薄い本体を引き当てたのにもったいない!

まあ色が濃くなってしまったものは仕方ないので、次にお手入れするときに気を付けます。

しおりヒモの下部分にチャームをつける

一番大きなカスタマイズ。
しおりヒモは細くてつかみにくいので、チャームをつけています。
今回は使ったのは、la droguerieで購入したビーズ。たぶん10年以上前に購入して寝かしていた物…。
本体ゴムの色に合わせて、補色の赤。こういう色の組み合わせが大好物です。


どうやって結ぼうかなと思ったのですが、いろいろ検索して「二重ひきとけ結び」というロープワークの方法を使いました。
参考にしたサイトはこちら

この結び方がいいのは、まず見た目がそこそこ良いこと。
色々間違えたりして爪でひっかいてほどいたりしたので紐がもやっとしていますが、手先の器用な方ならもっときれいにびしっと結べるかと思います。

それから結び目を作ってから調整するのが簡単なこと。
しおりヒモは意外と短くて、チャームをつけようと思うとほとんど余裕がないんですよね。
この結び方だと、長く紐を取って大きく結び目を作ってから少しずつしっぽ(紐の先)の部分を短くするように調整できるので、不器用でも紐を無駄なく使うことができます。
ぎゅっと締めた後だと調整できないですけどね!

ちなみに当初、Googleの画像検索だけで「いい感じ!」と思って結んだ結び方が、絞首刑用のものだったので慌てて変えました(ハングズマン・ノットという結び方)。

カスタマイズしないところ

以前カスタマイズしてみたけど、結局ないほうが良いということに気づいたのでカスタマイズしていない部分。

本体ゴムのチャーム

見栄えがして良いのですが、書くときに邪魔、チャームを付けた部分の革に傷がつきやすいという点が気になってつけません。

カバー本体に跡の残るカスタマイズ

落としたり引っかいたりで傷つくのは気にならないのですが、カスタマイズした結果ついた傷が気になるので、本体に跡が残るようなカスタマイズはしていません。

具体的には、ポケットシールを使う、ステッカーを貼る、革本体にスタンプを押す…などです。

で、結局何に使うの?

…考え中です。
できるだけ早くなじませたいということで、日常的に使えるようにとは考えているのですが。

何度か挑戦しては挫折してるスケッチにまた挑戦してもいいかもしれない。


今後の限定色は買った方がいいかもしれない

しかし今回改めていろんなトラベラーズノート関連の記事を見ていたんですが、オリーブもブルーもいい色ですよね。

私の場合、発売当初はスルーしてても大体後からほしくなって「ほしい…でも入手できない…でもほしい」とネットの海をさまようことになるので、これからはもう限定色がでたら何も考えず買ってしまった方が精神衛生上良いのではないかと思っています。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿