過去の石鹸:#51~53 キャスティールとマルセイユのバリエーション あかりlog

過去の石鹸:#51~53 キャスティールとマルセイユのバリエーション

基本に立ち戻って作ったキャスティール・マルセイユとそのバリエーションです。
※この記事は過去に別のブログに載せていた記事の再編です

#51 キャスティール

レシピ

前田さんのレシピの約2倍量

作成日:2012.11.26

レシピ・作成メモ

基本の基本、キャスティールです。
キャスティールにはじまりキャスティールに帰るとは言いますが、個人的にはそこまでキャスティールの魅力は感じていなかったので、帰るにしてもだいぶ後だろうなーと思っていました。

しかし、とある事情により作成することに。

実は、長らく石鹸作りから遠ざかっていて、本当に本当に在庫がなくなってしまって、でもいまさら市販の物を使うのもいやだということで、10年近く前の石鹸を蔵出しして使っていたんです。
なぜこんなにもこの石鹸を放っておいたのかというと、初期に作った石鹸なので保存方法が悪く使いにくくなってしまい、そのまま使う機会を得ることなく保存だけしていたからです。

その10年物の石けん、実際に使ってみると個人的にはあまり違和感もなく使うことが出来ました。
私は「意外と使えるもんなんだなー」くらいの感想だったのですが、たまたま遊びに来ていた友人が使ってみて「これまでの石鹸と全然違う!」とものすごく感動したらしく「ぜひ作ってくれ!」と言われました。

なにぶん一昔前の石鹸ということで、レシピも何もわからないのですが、「顔の脂をごっそり持っていかれる感じがしなかった」という感想と、ちょっと重めの使用感から、前田さん式キャスティールかマルセイユだと思われるので、とりあえず時間のかかるキャスティールから仕込み始めることにしました。

ちなみにその友人は超がつくほどの乾燥肌。乾燥しすぎて脂が出てしまい、脂性肌にみえるというやっかいな肌質です。

解禁直後の使い心地

あんまり肌トラブルのない私には恩恵がなかった石鹸ですが、友人としては感動するほど良かったようです。

#52 マルセイユ+ 


レシピ

オリーブ 916g
ココナッツ 232g
パーム 144g

水 500g
NaOH 170g(9%discount)

FO Tropical bloom

(一部は#53へ)

作成日:2012.12.29

レシピ・作成メモ

#51の事情により作ったマルセイユ。
計量が適当なので、本家レシピより若干ずれています。

計量が嫌いな私にとって、オリーブオイル1リットルや精製水500gをそのまま使うのは大幅に手間が省けて気楽に作れることが判明。
これからもできるだけ、「1本まるごと」を利用して行きたいです。

解禁直後の使い心地

初心に戻って丁寧に作ったおかげか、驚くほど肌がきれいでしっかりとしまった石鹸ができました。
レシピのおかげもあると思いますが、本家より多少計量がずれていてもこれだけきれいにできるのは、手順の功績も大きいと思います。

今回特に気をつけたのは、最初の20分をよくかき混ぜることと、保温の様子を見ながら温度管理をすること。
慣れてくるとつい手抜きしてしまうのですが、これだけ出来上がりに差があるとなると、これからも丁寧に作っていこうと改めて思います。

使い心地も、1か月熟成のものにしてはかなりよい感じです。
今回驚いたのは、FOの香りがものすごく好みの香りに変化していたこと。
元々の香りは「嫌いじゃないし、好きなほうだけど…なんか癖があるなー」という感想だったのですが、熟成させてみると、甘さとさわやかさとが絶妙に混じっていて、癖も全然感じないという、心の底から「いい香り!」と思えるものになりました。
再販があれば買い足したいなー。

#53つるつる肌のためのマルセイユ 


レシピ

[#52の半量に以下のオプション]

塩 小1
さらしあん 小1

作成日:2012.12.29

レシピ・作成メモ

#52にオプションを加えたものです。
#52は友人に渡して使い心地を見てもらうためのものなのでオプションは入れなかったのですが、自分用のはそれだとつまらないのでオプションを入れることに。

マルセイユ配合だと(泡立ちが控えめで柔らかいため)顔用になるので、顔向けオプションの、大好きな塩とさらしあんを入れました。

解禁直後の使い心地

オプションのせいか、少し見た目はつぶつぶとなりましたが、#52と同じく素晴らしく肌がきれいで引き締まった石鹸です。石鹸自体がつるつるすべすべ。
粉物オプションが入っている分、こちらのほうが一段と引き締まった感じがしますね。

これだけ引き締まっていると、扱いがものすごく楽です。
多少あらく扱ってもへこみも欠けもないし、石鹸を保存している場所がべたべたすることもありません。
丁寧って大事だなーと改めて実感。

しっとりとさっぱりのバランスがよくとれている石鹸になりました。
キャスターを入れてないので、若干泡のもちもち感が物足りないかな。
でもさっくりした泡が好きなら、これで問題ないと思います。

特質すべきは非常に硬く使いやすいということ。
きれいに薄くなるし、解け崩れも少ないので、最後まで使いきりやすいです。
市販の石鹸に慣れてる人でも、これなら使えると思います。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿