OPEN DOOR COFFEE(京都・北白川): 野菜中心のランチボックスが嬉しいコーヒーショップのランチ Akari

OPEN DOOR COFFEE(京都・北白川): 野菜中心のランチボックスが嬉しいコーヒーショップのランチ

京都の東に位置する京都造形大学のあたりは、おしゃれなカフェがぽつぽつと見つかる楽しい地域です。

前々から「おしゃれな建物があるなあ」と気になっていたのですが、HPを見る感じご飯がないのかな?と思って伺っていなかったOPEN DOOR COFFEEさん。
実はランチがあるということが分かったので、さっそく伺ってきました。

オフィシャルに電源とWi-Fiが解放されているので、旅の途中で立ち寄る場所としてもおすすめです。

OPEN DOOR COFFEE(HP / Facebook
京都市左京区北白川瀬ノ内町 28-1
10:30~19:00(L.O.18:30)
定休日:木曜日
075-741-732
最寄り:市バス「北白川上終町」

メニューと本日のオーダー

コーヒーショップということで、コーヒーメニューがとても豊富。
コーヒー豆の種類を選ぶこともできます。

本日のオーダーは「ランチボックス」に「カフェラテ・ダブル」のドリンクセット。
HPに紹介されていないのでいまいち詳しくはわかりませんが、ランチボックスは平日限定のようです。

単品でも注文(750円)できますが、ドリンクとセットで1000円になるというお得感は見逃せません。



↓外にあったメニューを撮影しました↓


私がお店を出たときにはランチの看板が既になかった撮影できなかったのですが、ランチタイム中は外にランチの看板が出ています。

料理の内容と感想

コーヒーショップのランチボックスということで実はそこまで期待せずに伺ったんですが、想像よりもずっとバランスの良い内容でした。


野菜を中心とした内容で、それぞれにちゃんと別の味がついています。
ランチボックスなので量自体はそこまで多くないのですが、歯ごたえがしっかりしたものが多いので意外と満腹感が感じられます。

生サラダに生ハムがついているのも嬉しいですよね~。
この生ハム1枚で、ランチの満足度がぐっと上がりました。

メインのハンバーグにも、実はお野菜がたっぷりと入っています。
そのおかげか、食感がふわふわとしていてとてもおいしいんです。
おいしいコーヒーと一緒にこれだけ野菜の多いフードが食べられるのは、意外と珍しいのではないでしょうか。

スコーンという〆の甘いものが入っているのも嬉しいポイント。

いただいたカフェラテは、酸味が少なく飲みやすいおいしいカフェラテ。
ドライフルーツのような?独特の風味があるのが特徴的でした。
私はコーヒーは最近飲み始めたくらいであまり詳しくないのですが、これだけ風味を感じるカフェラテは初めてでした。

訪問した時間とお店の混み具合

訪問したのは平日の13時頃。
先客は1名、私の後に2名ほど。
お客さんが途切れることはありませんが満席にはならないという、いい感じのペースでした。


机は少し小さめサイズ。
植物に囲まれたテラス席もあります。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿