出町ろろろ(京都・出町柳):野菜中心の小鉢料理が食べられる予約必須レストラン Akari

出町ろろろ(京都・出町柳):野菜中心の小鉢料理が食べられる予約必須レストラン

出町柳にいいお店がある…というのは前々から聞いていて、何度か訪問しながらも毎回満席で入れなかったお店に、やっと行くことができました。

京都のおばんざいを少しずつ食べることのできる、和食のお店「出町ろろろ」です。

出町ろろろ
京都府京都市上京区 今出川通寺町東入一真町67-1
火・水・木:11:30~16:00(L.O)
金・土・日:11:30〜13:30(L.O)、18:00〜20:30(L.O)
075-213-2772
最寄り:市バス「河原町今出川」、京阪・叡山電鉄・市バス「出町柳駅」


メニューと本日のオーダー

お昼のメニューはお昼のろろろ弁当ミニ会席(要予約)。
この日は飛び込みで入ったので、お昼のろろろ弁当(1190円)です。


料理の内容と感想


料理は10の小鉢ご飯とお味噌汁がついてきます。
一つ一つ、手が込んでいて本当においしい!
割と一般的な料理からちょっと変わった料理までバリエーションが広いです。

ちょっと驚いたのが、お味噌汁の具がセロリだったこと。
一口目にええっと思ったのですが、これが意外においしいんですよー。

お野菜にこだわられているお店(京都大原の無農薬野菜)なので、どれも食べていて体の負担にならない感じがします。
全体的な傾向として、出汁の味が強く甘みが控えめに感じました(私はかなり甘党でお料理にも砂糖をよく使います)。


メニューはすべて紙に書いて机に置いてあるので、何を食べているのかよくわかるのも嬉しいポイント。
料理をする方なら、家で小鉢を作るときのヒントを得られて楽しいと思います。

私が今回食べておいしかったのは、圧倒的に⑦のゴマトーフ干しエビ揚げ。 ⑪のだし巻きも黒コショウがピリピリっとして、意外なおいしさでした。


ごはんはお焦げ付き!

訪問した時間とお店の混み具合

私が訪問したのは、観光シーズンを外した平日の14時前。
予約なしで入店したところ「お一人なら」ということで案内してもらえました。
その後入店されていた方は、すべて「本日満席」で断られていました。

実は私も飛び込みで訪問して、3回満席で断られています。
ということで、予約を強くお勧めします。


とても人気のお店なのに店主さんは暖かく接客してくださって、真摯なお人柄が印象的でした。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿